現代の脱毛手法 光・レーザー・電気・熱線

現代の脱毛手法 光・レーザー・電気・熱線

現代の脱毛方法について

昔と違い、今はたくさんの脱毛できる方法があります。
庶民でも気軽にエステに通うことだってできるし、毛処理だけならとても安い価格でできますからね。

 

となると、これら多くの脱毛方法について知っておいたほうが何かと役に立つときがくるかもしれませんから、当サイトではそこら辺の知識についてもお話します。

 

そして、エステの脱毛手法クリニック特有の永久脱毛、他にも電気針熱線式などといった普通の女性だと聞いたことがないようなことについても書いていきます。

 

これらの知識も身につけておくと、いつか役に立つときがくるかもしれませんよ。

 

■エステ ・・・ 光脱毛、針脱毛
■クリニック ・・・ 医療レーザー脱毛
■脱毛器 ・・・ フラッシュ脱毛、熱線式
■自己処理 ・・・ ワックス脱毛、除毛剤

 

1番多く使われている方法は?

昔は、それこそ脱毛と言えば高額で一部の富裕層にしか提供されていないものでしたが、
今は全く逆で、庶民の方が圧倒的にたくさんの女性が脱毛エステに通っていますよね。

 

1番たくさん使われているのが、エステサロンでは主流の「光脱毛」だと思います。
これはフラッシュ脱毛というものと全く同じで、単に呼び方は少し違いだけです。
全身脱毛が専門のエステでも、同じように光の技術で施術を行いますよ。

 

また、レーザー脱毛とも根本的にはあまり違いがありませんが、国の規制によって出力が制限されているようなので、光脱毛という名称で親しまれています。

 

エステの方がいいですか?それとも脱毛器でもいい?

こちらの質問はよく耳にしますが、結論から言えば個人にあったものを選びましょう。

 

エステにも脱毛器にも、それぞれの良さというものがありますので、例えばエステだと脇脱毛の完了コースなどが激安ですし、極端にどちらの方が良いと決め付けるのは間違いです。お金がなくて綺麗になりたいなら、初期投資こそかかるものの、圧倒的に家庭用脱毛器の方が倹約的。逆にお金があるのであれば、脱毛エステに通ってみるといいでしょう。

 

参考程度に以下の表を作ってみました。

脱毛エステサロンの場合 家庭用脱毛器の場合
経済的負担について

最初のうちはあまりお金がかかりませんが、徐々に本コースを継続していくにつれて費用がかかります。

 

初回キャンペーンなどは考えるまでもなく激安ですが、別の箇所を施術したいと思ったら多少の出費は覚悟しておきましょう。

脱毛器を買う時だけ負担がかかります。

 

コンセントに指す形式であれば少しだけ電気料金がかかるだけで、あとは無料で何回でも施術できるようなものです。
転職エージェント

脱毛に費やす時間など

通うエステの場所にもよりますが、
何回も自宅とサロンを往復する必要があります。

 

電車や車で通うのが面倒になってくるかもしれません。

わざわざどこへ出かける必要もありませんので、好きなときにすき放題、自由に脱毛することができます。
人気のお店や代表的な商品など

・エピレ
・Jエステティック
・エターナルラビリンス
・エステティックTBC
・ミュゼプラチナム
・脱毛ラボ
・銀座カラー
・レイビス
・エピレの両ワキ脱毛
・エステタイム
・エルセーヌ

・フラッシュ脱毛器ケノン
・レーザー脱毛器トリア
・ヤーマンノーノーヘア熱線式
・フラッシュ&ゴー
・イーモリジュ

 

転職エージェント 大手
スマートフォンからでも登録できるようになったみたいです。


ホーム RSS購読 サイトマップ